教授からのメッセージ

General Neurologistを育成し,神経疾患の克服を目指します.

神経内科で扱う疾患は多様で,他の診療科との境界領域も多く,また社会と深い関わりがあり,多面的な医療を提供できる診療科です.それ故,神経内科医には総合的な臨床力,人間力が求められます.私たちの教室は,この能力を持つGeneral Neurologist の育成に取り組みます. また,当科は “脳疾患の克服をめざす”脳研究所に属しています.国際的にも有数な疾患脳組織を用いた研究を中心に,特徴のある病態研究で,今までもそしてこれからも世界を目指します. 最先端の神経病態研究から,患者さんに寄り添った診療まで,幅広い分野でのプロフェッショナルの養成を可能とし,神経疾患の克服に向けた取り組みを総合的にリードする集団が私たちです.

教授の写真

新潟大学脳研究所 神経内科学分野教授 小野寺 理

※「教室のミッション・方針」もあわせてご覧ください。

プロファイル

氏名 小野寺(おのでら) 理(おさむ)
学歴 昭和62年3月 新潟大学医学部医学科卒業
平成5年3月 新潟大学大学院医学研究科内科系博士課程卒業
職歴 昭和62年4月 新潟大学医学部附属病院神経内科にて研修
平成元年4月 新潟大学大学院医学研究科内科系博士課程入学
平成4年4月 日本学術振興会特別研究員
平成6年8月 白根健生病院 神経内科医長
平成7年7月 米国デューク大学神経内科 リサーチアソシエイト
平成10年4月 新潟大学脳研究所臨床神経科学部門神経内科学分野助手
平成14年5月 新潟大学脳研究所分子神経疾患資源解析学分野准教授
平成23年10月 新潟大学脳研究所分子神経疾患資源解析学分野教授
平成28年4月 新潟大学脳研究所神経内科学分野教授
資格 日本神経学会専門医,総合内科専門医
学位 医学博士
学会 日本内科学会,日本神経学会,認知症学会,日本神経科学会,米国神経学会,米国神経科学会,米国細胞生物学会
学会での役職 日本神経学会将来構想委員
日本神経学会運動ニューロン疾患分野コアメンバー
日本神経学会運動失調症分野コアメンバー
日本神経学会代議員
認知症学会評議委員
国での役割 AMED ゲノム医療研究推進委員(平成27年)
JST 炎症研究国際技術力比較調査委員(平成21年)
JST 脳神経関連疾患の予防,治療に向けた基礎的研究の海外動向調査委員(平成17年)
大学での役職 脳研究所副所長
脳研究所リソース研究センター長
研究プロジェクト推進センター副センター長
遺伝子組み換え実験審査委員
医学部学務委員
医学部遺伝子研究倫理委員 等
学術雑誌関連 Neurochemistry International Editorial Board Ad hock Reviewer : NEJM, Nucleic Acids Research, Hum Mol Genet, Ann Neurol, Neurology, JNNP 等
ページの先頭へ戻る