椿神経疾患研究基金

設立登記公告

一般財団法人椿神経疾患研究基金は,一般社団法人および一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日法律第48号)(平成20年12月1日施行)に基づき登記を完了したので,法律331条第3項(電子公告)に従い公告する.

  1. 名称:一般財団法人椿神経疾患研究基金
  2. 主たる事務所:新潟県新潟市中央区
  3. 代表理事:小野寺 理
  4. 主たる事務所の連絡先:025-227-0665
  5. 登記番号:1100-05-003958
  6. 公告アドレス:http://www.bri.niigata-u.ac.jp/about/fund/ ‎
  7. 登記完了日:平成26年4月1日

財団概要

設立目的

本財団は,神経疾患の研究助成,研究会の開催を行い,神経疾患の医療の推進を計り,神経疾患医療水準の向上を目的とします.いずれも利益の追求を目的としない公益事業であり,事業運営によって生じる利益は,すべて神経疾患医療向上のための費用にあてるものとします.本財団の任務は,これらの事業を通して社会に奉仕することにあります.

事業

  1. 神経疾患医療に関する研究に対する助成
  2. 神経疾患医療の推進のための助成
  3. 医学シンポジウムの開催のための助成

役員名簿

理事長 小野寺 理(新潟大学 脳研究所 神経内科 教授)
理事 宮武 正
理事 西澤 正豊
理事 辻 省次
理事 金原 優
理事 椿 直哉
監事 佐藤 修三
監事 八木 良三
評議員 本間 義章
評議員 大西 洋司
評議員 湯浅 龍彦
評議員 犬塚 貴

財団の沿革

年月日 内容
平成元(1989)年3月10日 登記 宮武正 初代理事長就任
平成元(1989)年4月5日 設立認可
平成元(1989)年7月11日 特定公益増進法人
平成7(1995)年5月28日 辻省次 理事長就任
平成15(2003)年5月18日 西澤正豊 理事長就任
平成26(2014)年4月1日 一般財団法人
平成28(2016)年6月11日 小野寺理 理事長就任

定款

椿神経疾患研究基金定款

決算公告

平成28年度貸借対照表
平成27年度貸借対照表
平成26年度貸借対照表
平成25年度貸借対照表
平成24年度貸借対照表
平成23年度貸借対照表

ご寄付のお願い

我が国における神経疾患の現状は,認知症,脳卒中をはじめ筋萎縮性側索硬化症,パーキンソン病,多発性硬化症,多系統萎縮症,重症筋無力症,筋ジストロフィーなどの神経難病があり,その原因究明ないし治療法の開発が待たれています.本財団の趣旨は,水俣病,スモンをはじめ神経疾患の研究推進の指導者でありました新潟大学名誉教授・椿忠雄氏の生前の遺志を受け継ぎ,神経疾患の研究助成,研究会の開催を行い,神経疾患の患者および家族のサポートにつながる医療,社会体制の推進を計ることにあります. これらの事業の推進は,皆様からの寄付金と財団保有財産の運用による利息収入によって行われています.上記の趣旨にご賛同いただける方々からのご寄付を,お待ち申し上げております.詳細につきましては,下記の連絡先までお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます.

連絡先

椿神経疾患研究基金 事務局 〒951-8585 新潟市中央区旭町通1-757 新潟大学 脳研究所 神経内科 医局内 電話:025-227-0665 E-mail:メールアドレス

椿忠雄略歴と主な公職

椿忠雄
新潟大学脳研究所・初代神経内科教授,故・椿忠雄氏の略歴と主な公職をご紹介します.

略歴

年月 内容
大正10(1921)年3月16日 東京府渋谷に誕生
昭和17(1942)年3月 静岡高等学校(旧制)理科乙類を卒業
昭和17(1942)年9月 東京帝国大学医学部医学科を卒業
昭和20(1945)年10月 東京帝国大学医学部第3内科へ入局 坂口教授後,冲中教授の指導を受ける
昭和30(1955)年2月 医学博士の学位を受ける
昭和31(1956)年11月 アメリカ合衆国カリフォルニア大学留学(1957年11月まで)
昭和32(1957)年1月 東京大学医学部助教授(医学部附属脳研究施設)
昭和35(1960)年4月 日本神経学会評議員
昭和40(1965)年3月 日本神経学会理事
昭和40(1965)年4月 新潟大学教授(医学部附属脳外科研究施設神経内科) 日本内科学会評議員(1987年3月まで)
昭和40(1965)年11月 第18回新潟日報文化賞受賞(「有機水銀中毒の疫学と臨床」)
昭和41(1966)年11月 日本医師会医学研究助成費を受ける(「有機水銀中毒その他の重金属と神経障害に関する研究」)
昭和42(1967)年4月 第9回日本神経学会会長(1968年4月まで)
昭和44(1969)年3月 新潟大学脳研究所所長併任 新潟大学評議員
昭和45(1970)年2月 新潟県・新潟市公害被害者認定審査会委員(会長)
昭和49(1974)年5月 中央公害対策審議会委員
昭和51(1976)年4月 新潟大学脳研究所所長 新潟大学評議員
昭和53(1978)年5月 日本神経学会理事長(1987年5月まで)
昭和54(1979)年4月 日本内科学会理事(1980年3月まで)
昭和54(1979)年12月 フランス神経学会名誉会員 臨時水俣病認定審査会委員(環境庁)
昭和55(1980)年6月 環境庁環境保全功労者として表彰
昭和55(1980)年7月 東京都立神経病院院長
昭和55(1980)年11月 新潟大学名誉教授
昭和56(1981)年9月 第12回世界神経学会事務総長
昭和58(1983)年11月 紫綬褒章受章
昭和59(1984)年9月 東京都神経科学総合研究所理事・評議員
昭和60(1985)年6月 日本学術会議(第13期)会員
昭和60(1985)年10月 国際ALS会議会長
昭和62(1987)年10月20日 永眠(享年66歳)
昭和62(1987)年11月 (没後)正四位勲三等旭日中綬章

主な公職

国内学会
  • 日本神経学会 昭和35年4月~40年3月 評議員 昭和40年3月~53年5月 理事 昭和40年3月~51年9月 編集委員長 昭和41年7月~62年5月 会則改訂委員 昭和42年4月~43年4月 第9回会長 昭和53年5月~62年5月 理事長
  • 日本内科学会 評議員,理事
  • 日本脳波筋電図学会 評議員
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本脳卒中学会 評議員
  • 日本小児神経学会 評議員
  • 日本脳神経外科学会 評議員
  • 日本老年医学会 評議員
  • 日本平衡神経科学会 評議員
  • 日本てんかん学会 理事
  • 脳神経CT研究会 幹事
  • 内科神経懇話会 幹事
  • 頭痛懇話会 幹事
  • 新潟脳神経研究会 幹事
国際学会・国際機関
  • フランス神経学会名誉会員
  • 世界神経学連合・研究委員会「神経筋疾患」委員
  • WHOメチル水銀中毒専門委員
  • WHO神経科学専門委員
  • “Advances in Neurology” 国際編集委員
  • 第12回世界神経学会事務局長
  • 国際ALS会議会長
官公庁の審議会・付属機関 文部省 学術審議会専門委員(科学研究費分科会)(昭和45年2月~48年1月) 環境庁 水俣病行政不服審査(旧法)に関する会合委員 新潟県 新潟県・新潟市公害被害者認定審査会委員(会長)(昭和45年2月) 環境庁 有明海周辺住民の健康調査検討委員会会員(昭和48年6月~49年3月) 内閣総理大臣 中央公害対策審議会委員(昭和49年5月) 厚生省 食品衛生調査会(臨時委員)(昭和49年7月~51年5月) 環境庁 臨時水俣病認定審査会委員(昭和54年4月) 内閣総理大臣 日本学術会議(第13期)会員(昭和60年7月~63年6月) 厚生省 精神神経疾患研究委託費運営委員会評価部会会員(昭和60年11月~63年3月) 東京都 難病対策協議会委員 東京都 東京神経科学総合研究所 理事・評議員(昭和59年9月~62年9月) 東京都 東京都難病対策協議会会員(昭和61年6月~63年6月) 東京都 衛生局学会小川賞委員(昭和62年5月~)
ページの先頭へ戻る