当科で行っている研究

 

科研費取得状況

研究課題名 研究期間 (年度) 研究代表者 研究種目
運動失調の医療水準,患者QOLの向上に資する研究班 2020年4月1日-2023年3月31日 小野寺 理 厚生科研
治験を目的とした,成人発症白質脳症のレジストリーと評価方法に関する研究 2021年4月1日-2024年3月31日 小野寺 理 厚生科研
脳小血管の細胞外基質の摂動を起こす細胞群の同定と,その制御機構の解読 2022年4月1日-2025年3月31日 小野寺 理 基盤研究(A)
脳小血管線維化促進細胞の同定による脳小血管老化の解明 2022年4月1日-2025年3月31日 加藤 泰介 基盤研究(B)
細胞修飾による末梢血単核球由来エクソソームを介する脳再生療法の開発 2022年4月1日-2026年3月31日 金澤 雅人 基盤研究(B)
自己免疫性グリア病における時空間的免疫制御によるneural repairの研究 2020年4月1日-2023年3月31日 河内 泉 基盤研究(C)
ALSのTDP-43病理多型を規定する遺伝的因子の探索 2021年4月1日-2024年3月31日 石原 智彦 基盤研究(C)
選択的スプライシングの操作により天然変性領域を制御するALS治療戦略の検証 2020年4月1日-2023年3月31日 須貝 章弘 基盤研究(C)
細胞外小胞の臓器特異性に着目した視神経脊髄炎関連疾患の再発予測の確立 2021年4月1日-2024年3月31日 佐治 越爾 基盤研究(C)
多系統萎縮症の3つの病態を反映し,早期診断を可能とするバイオマーカーの検討と確立 2021年4月1日-2024年3月31日 徳武 孝允 基盤研究(C)
単球の化学的分化転換を利用した生体内神経再生療法の確立 2021年4月1日-2024年3月31日 二宮 格 若手研究
保護的末梢血単核球を用いた脳梗塞治療法の機序の解 2020年4月1日-2023年3月31日 畠山 公大 若手研究
タウオパチー細胞モデルを用いた異なるタウ分子種間における細胞間伝播の検討 2022年4月1日-2024年3月31日 石黒 敬信 若手研究
TDP-43の伝播仮説の包括的検証ー上位運動神経から筋肉までの順行・逆行経路ー 2022年4月1日-2025年3月31日 坪口 晋太朗 若手研究
脳内修復におけるミクログリアによるタウ排泄機序の解明 2021年7月1日-2024年3月31日 金澤 雅人 挑戦的研究(萌芽)

AMED取得状況

AMED研究課題名 当科担当者
TDP-43 のエキシトロンに注目した,その発現・凝集制御による,筋萎縮性側索硬化症の治療法開発 須貝章弘(代表)
HTRA1関連脳小血管病における血管反応性異常の非侵襲的検出方法の開発 小野寺理(代表)
ポリグルタミン病に対する蛋白質凝集阻害薬の第Ⅱ相試験 小野寺理(代表)
TREX1発現制御と老化関連分泌表現型(SASP)に着目した遺伝性脳小血管病:RVCLの病態解明 小野寺理(代表)
進行性核上性麻痺と大脳皮質基底核変性症を対象とした多施設共同前向きコ
ホート研究による質の高い診療エビデンスの構築
金澤雅人(分担)
血清エクソソーム内細菌成分のアレルギー・自己免疫疾患発症への関与の解明 小野寺理(分担)
進行性核上性麻痺と関連タウオパチーの患者レジストリと資料レポジトリを活用した診療エビデンスの構築 小野寺理(分担)

研究告知

脳神経内科で行っている遺伝子研究 脳神経内科で行っている医学研究

ページの先頭へ戻る