レジデント,大学院生の学会発表

当科では,若手医局員の教育にも力を入れています.若手医局員も症例・研究発表の機会に恵まれています.
以下は,昨年度の当科レジデントの学会発表,ならびに大学院生の国際学会発表の一覧です.
当科への入局を検討中の若手の先生方,是非ご参考にしてみて下さい.

レジデントの学会発表

2020年度

・本郷祥子,今野卓哉、徳武孝允,小野寺理.筋強直性ジストロフィーに合併する水頭症はシャント術で改善しうる.(ポスター) 第61回日本神経学会学術大会.

・Ayaka Ono, Etsuji Saji, Akihiro Nakajima, Takahiro Wakasugi, Fumihiro Yanagimura, Kaori Yanagawa, Osamu Onodera, Izumi Kawachi. The clinical and immunological features of NMO patients with onset over 80 years old. (ポスター) 第61回日本神経学会学術大会.

・荻根沢真也,今野卓哉、清水宏,他田真理,柿田明美,小野寺理.The age of onset of multiple system atrophy has become older in the last 50 years. (口演) 第61回日本神経学会学術大会.

・岩渕洋平,石原智彦,今野卓哉,徳武孝允,小野寺理.基底核を主体とするメトロニダゾール脳症を呈した36歳女性例(口演) 第234回日本神経学会関東・甲信越地方会.

・木村嘉克,上村昌寛,森秀樹,今野卓哉、金澤雅人,岡本浩一郎,小野寺理.海綿静脈洞に炎症が波及したリンパ球性下垂体炎の41歳女性例(口演) 第235回日本神経学会関東・甲信越地方会.

・柏木健太,徳武孝允,柴田健太郎,今野卓哉,金澤雅人,岡本浩一郎,小野寺理.右前大脳動脈領域の脳梗塞を繰り返した片頭痛の既往がある18歳男性例(口演) 第236回日本神経学会関東・甲信越地方会.

・種田朝音,今野卓哉,小野純花,徳武孝允,小野寺理.炎症所見を伴わずに脳出血で発症したStaphylococcus warneriによる感染性心内膜炎の1例.(口演) 第147回日本内科学会信越地方会.

・小野純花,佐治越爾,齋藤愛,加藤怜,須貝章弘,徳武孝允,金澤雅人,小林大介,小野寺理.三叉神経領域の異常感覚を訴えた抗Ku抗体陽性の強皮症・筋炎重複症候群の1例.(口演) 第147回日本内科学会信越地方会.

・池上いちこ,畠山公大,羽入龍太郎,滑川将気,大津裕,金澤雅人,小野寺理.著明な疼痛と異常感覚で発症した筋萎縮性側索硬化症の1例.(口演) 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会.

・小林彩夏,小出眞悟,佐治越爾,山名一寿,河内泉,富田善彦,小野寺理.進行性腎細胞癌へのニボルマブ・イピリムマブ併用療法後に生じた自己免疫性脳炎の1例.(口演) 第32回日本神経免疫学会学術集会.

・荻根沢真也,今野卓哉,清水宏,他田真理,柿田明美,小野寺理.高齢発症多系統萎縮症の臨床病理学的特徴.(ポスター) 第14回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.

・Shinya Oginezawa, Takuya Konno, Hiroshi Shimizu, Mari Tada, Akiyoshi Kakita, Osamu Onodera.The age of onset of multiple system atrophy has become older in the last half-century. (ポスター) 7th International Congress of Multiple System Atrophy.

・Yusuke Sakata, Masato Kanazawa, Masahiro Hatakeyama, Takuya Konno, Tetsutaro Ozawa, Osamu Onodera.Multiple system atrophy patients might develop nocturnal urinary concentration failure prior to orthostatic hypotension early in the disease course. (口演) 72nd AAN Annual Meeting.

2019年度

・坂田佑輔,金澤雅人,畠山公大,小澤鉄太郎,下畑享良,小野寺理.多系統萎縮症の自律神経障害評価における二分画蓄尿検査の有用性.(ポスター) 第60回日本神経学会学術大会,第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.

・中村航世,須貝章弘,春日健作,徳武孝允,小野寺理. 手内筋にまで炎症が波及し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した難治性筋炎の51歳女性例.(口演) 第229回日本神経学会関東・甲信越地方会.

・秋山夏葵,今野卓哉,畠山公大,徳武孝允,春日健作,小野寺理.幻覚と衝動制御障害からオセロ症候群へ発展した進行期パーキンソン病の2例. (ポスター) 第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス.

・羽入龍太郎,須貝章弘、加藤 怜、秋山夏葵、徳武孝允、金澤雅人、河内 泉、小野寺理. 抗GD1aIgM抗体と抗GT1bIgM抗体が陽性で免疫グロブリン療法が奏功した遠位優位型CIDPの76歳男性例. (口演) 第230回日本神経学会関東・甲信越地方会.

・勇亜衣子,北原匠,五十嵐一也,浦部陽香,坂田佑輔,柳村文寛,畠山公大,今野卓哉,佐治越爾,徳武孝允,野嵜幸一郎,河内泉,小野寺理. 抗GABAB受容体抗体脳炎の臨床的・免疫学的解析. (口演) 第31回日本神経免疫学会学術集会.

・中島章博,佐治越爾,若杉尚宏,柳村文寛,柳川香織,穂苅万李子,小野寺理,河内泉. 本邦における高齢発症視神経脊髄炎の臨床免疫学的特徴 – 連続73症例の解析から. (ポスター) 第31回日本神経免疫学会学術集会.

・荻根沢真也,上村昌寛,大津裕,徳武孝允,金澤雅人,小野寺理. 肺血栓塞栓症を合併し、奇異性塞栓による後脊髄動脈症候群を呈した潰瘍性大腸炎の56歳女性例.(口演) 第231回日本神経学会関東・甲信越地方会.

大学院生の国際学会発表

2019年度

・T. Wakasugi E. Saji F. Yanagimura M. Hokari K. Yanagawa O. Onodera I. Kawachi. Clinicoradiological features of the cerebellum in Japanese cohorts of MS and NMOSD. (ポスター) 35th CONGRESS OF THE EUROPEAN COMMITTEE FOR TREATMENT AND RESEARCH IN MULTIPLE SCLEROSIS.

・F. Yanagimura, E. Saji, T. Wakasugi, M. Hokari, Y. Toyoshima, T. Nakajima, H. Takahashi, A. Kakita, M. Nishizawa, O. Onodera, I. Kawachi. Characterization of inflammatory axis of CNS lesions in neuromyelitis optica spectrum disorders. (ポスター) 35th Congress of the European Committee For Treatment and Research In Multiple Sclerosis.

・Shoichiro Ando, Taisuke Kato, Yuka Koike, Sachiko Hirokawa, Kenta Kobayashi, Shoji Tsuji, Osamu Onodera. Gene Therapy for DRPLA Model Mice by AAV-Delivered CRISPR / Cas9. (口演) Keystone Symposia, Brain Therapeutics: Disruptive Technologies and Opportunities 2020.

・Masahiro Hatakeyama, Masato Kanazawa, Itaru Ninomiya, Kaoru Omae, Yasuko Kimura, Tetsuya Takahashi, Osamu Onodera, Masanori Fukushima, Takayoshi Shimohata. A therapeutic approach using peripheral blood mononuclear cells preconditioned by oxygen-glucose deprivation in ischemic rats. (ポスター) International Stroke Conference 2020.

ページの先頭へ戻る