第29回日本神経免疫学会学術集会 (札幌) に参加しました

2017年10月10日 神経内科だより

2017年10月6日〜7日に札幌で第29回日本神経免疫学会学術集会 (札幌) が開催されました。
当科から4演題を口演発表しました。特に, 山岸拓磨先生の発表は堂々としており, 質問への対応も素晴らしいものでした。
皆さん, がんばりました。

総会では, 平成29年度日本神経免疫学会研究創世賞優秀賞が穂苅万李子先生に授与されることが発表されました。
穂苅万李子先生が筆頭著者の論文 (Ann Neurol 2016;79:605, DOI: 10.1002/ana.24608) が高く評価された結果です。
穂苅万李子先生、おめでとうございます。

「男性・女性の枠を超えて, 今後も頑張って研究を行うように」との学会からのメッセージだと思います。
研究にも ‘sustainability’ はとても重要です。 女性であっても, 常にsustainabilityの心を持ちながら, 仕事と人生に挑める社会であって欲しいと思います (河内)。

日本神経免疫学会研究創世賞優秀賞

日本神経免疫学会研究創世賞優秀賞

新潟大学脳研究所神経内科からの演題

  • 診断基準・重症度分類作成に向けた肥厚性硬膜炎の臨床的・免疫学的解析

 ○佐治越爾, 横関明子, 若杉尚宏, 柳村文寛, 穂苅万李子, 柳川香織, 西澤正豊, 小野寺理, 河内泉

  • 自己免疫性脳炎の臨床的・免疫学的・放射線学的特徴の解析

 ◯若杉尚宏, 佐治越爾, 柳村文寛, 穂苅万李子, 栁川香織, 西澤正豊, 小野寺理, 河内泉

  • 視神経脊髄炎における脳室上衣の免疫学的・病理学的検討

 ○柳村文寛, 佐治越爾, 穂苅万李子, 若杉尚宏, 豊島靖子, 柿田明美, 高橋均, 西澤正豊, 小野寺理, 河内泉

  • 再発性胸腺腫と難治性疼痛に関する検討

 ◯山岸拓磨, 佐治越爾, 荻根沢真也, 安藤昭一郎, 茂木崇秀, 他田正義, 河内泉, 小野寺理

ページの先頭へ戻る