臨床病理検討会が行われました

2018年12月20日 神経内科だより

12月19日,定例の臨床病理検討会が行われました.

進行が早く,synuclein病理が高度であったびまん性レビー小体病(DLB)例と
当初皮質基底核変性症症候群が臨床的に疑われたが,
自律神経障害が軽度で,臨床診断が困難だったDLB例の臨床病理
検討を議論しました.

ページの先頭へ戻る