臨床神経学閲覧回数年間トップ30

2020年01月08日 神経内科だより

 今野卓哉先生の論文が,2019年臨床神経学電子ジャーナル全文PDF閲覧回数年間トップ30に入りました.全体の12位,症例報告の中ではトップでした。おめでとうございます。以下は,今野先生からのメッセージです.

 この論文は,私が神経内科医として初めて書いた症例報告です.当時,私はローテーターとして長岡赤十字病院に出向しており,指導医であった長岡赤十字病院副院長である藤田信也先生にご指導いただき執筆しました.初めての執筆作業とあって,当時は書き上げることに必死で,発表後のことに思いが至りませんでしたが,発表から10年弱のときを経て,多くの方に読んでいただけたことを知り喜びもひとしおです.

 症例報告を書くことは,自らの鍛錬になるだけでなく,世のため人のために貢献することにもつながります.ぜひ若いレジデントの先生たちには,目の前の貴重な症例を論文発表して,足跡を残していってほしいと願っています.

2019年臨床神経学電子ジャーナル全文PDF閲覧回数年間トップ30へのリンク

今野先生の症例報告へのリンク

ページの先頭へ戻る