須貝章弘先生らの論文が掲載されました

2018年02月10日 神経内科だより
須貝章弘先生らの論文が、Frontiers in Neuroscience のHypothesis and Theory Articleとして掲載されました。
TDP-43の発現調節におけるロバスト性と脆弱性のトレードオフに着目したALSの病態仮説を数理モデルを用いて提唱しています。
 
Sugai A, Kato T, Koyama A, Koike Y, Kasahara S, Konno T, Ishihara T and Onodera O (2018) Robustness and Vulnerability of the Autoregulatory System That Maintains Nuclear TDP-43 Levels: A Trade-off Hypothesis for ALS Pathology Based on in Silico Data. Front. Neurosci. 12:28. doi: 10.3389/fnins.2018.00028
ページの先頭へ戻る